新型コロナウイルスによる経済停滞防止キャンペーン 新型コロナウイルス感染症 経営支援情報等を発信しています。

・【新型コロナウイルス関連】経営への影響アンケート 調査結果
・新型コロナウイルスに関する緊急要望・提言
・2020年度の収穫感謝祭は中止となりました。楽しみにしていただいていた皆様申し訳ありません。

とかち支部活動のご案内

とかち支部の活動

北海道中小企業家同友会とかち支部では、毎月一回の支部例会と大樹・広尾・足寄・池田・清水・新得・本別の7つの地区会の例会が行われています。
その他に、農業経営・農商工連携・IT・環境・地サイダー開発・経営の荒波体験を聞く会等、テーマに沿った学び合いの会、その青年経営者・後継者・女性、入会同期等、境遇を共にする仲間で集まり勉強する会、そして、経営指針や経営労務、政策、組織づくり等、同友会運動を推進する為の会が、あわせて年間で650回以上の勉強会や会合を開いています。

その他に全道や全国の行事もあり、会員は誰でも興味のあるテーマの会に参加する事が出来ます。

また、同友会は多種多様な業種の経営者の方が、地域の垣根を超えて学び合う事で、新たな出会いや発見があり、そこから生まれるパワーが地域の経済をけん引しています。

 

支部長挨拶

2020年度支部長 高原 淳

同友会での学び合いを通じて、逆境を乗り越えよう!

 みなさん、こんにちは。2020年度とかち支部の支部長を務めることとなりましたソーゴー印刷(株)代表取締役の高原淳です。どうぞよろしくお願い致します。
 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、2020年度の支部活動がスタートしました。大変な逆風の中、苦労されている企業経営者が多いのではないかと思います。程度の差はあれ、今はどの企業、どの経営者もビジネス環境の厳しさ、経営の困難さに直面しているのではないでしょうか。
 新型コロナウイルスは人々の健康と経済活動の両面から、世界中に甚大な被害をもたらしています。一刻も早い終息を願うと同時に、企業経営者である私たちは、社員、自社、取引先、地域を守るために、適切な対応を選択しなければなりません。
 3月初旬に発表された北海道中小企業家同友会の緊急アンケートによると、実に89%の企業が「現時点ですでに影響が出ている」「今後影響が出る可能性がある」と回答しています。それから1ヵ月が経過しました。今は状況がさらに深刻度を増しています。
 中小企業家同友会全国協議会(中同協)の広浜泰久会長は、会長談話「長期化も想定して緊急に対応しよう」(3月31日)の中で、経営者がすぐに打つべきこととして、次の5つを挙げています。

①早急な資金手当て
②危機感の社内共有
③会員間ネットワーク
④全社一丸体制
⑤勇気を持って相談を

 このうち、③と⑤は同友会の会員だからこそ可能な対応策といえるでしょう。危機的状況の中、孤独感、不安感を抱えながら孤軍奮闘している経営者も多いに違いありません。企業経営者のネットワークを強固なものとし、逆風が吹き荒れる中でも励まし合いながら自社、並びに地域を成長させていく。そこに中小企業家同友会の役割があるのではないかと考えています。
 とかち支部会員の皆さまは、ぜひ支部活動にこれまで以上積極的に関わるようお願い致します。時節柄、「3密」は避けねばなりませんが、ZOOM(オンライン会議システム)を使った例会や会合等が企画されています。自宅や会社から接続でき、誰もが容易に活用できるシステム。気軽に参加されることをおすすめします。
 経営環境が異常事態の今こそ、経営に関する勉強や情報収集・分析が欠かせません。863社(3月末現在)の会員を有する同友会とかち支部だからこそ学べるものがあります。経営者が率先して学び、切磋琢磨しながらお互いに「よい会社」を築いてきましょう。まだ同友会に入っていない企業経営者、事業主の方がおられましたら、ぜひ同友会への入会をおすすめください。学びの輪を広げ、どんな逆境の中にあっても安心して働くことのできる職場、そして地域経済をつくっていきましょう。

一般社団法人 北海道中小企業家同友会 とかち支部
2020年度支部長 高原 淳

 

組織図

組織図