新型コロナウイルスによる経済停滞防止キャンペーン 新型コロナウイルス感染症 経営支援情報等を発信しています。

・【新型コロナウイルス関連】経営への影響アンケート 調査結果
・新型コロナウイルスに関する緊急要望・提言
・2020年度の収穫感謝祭は中止となりました。楽しみにしていただいていた皆様申し訳ありません。

行事予定告知は「行事予定告知・募集」ページに移動しました。
ブックマークやお気に入り登録されてる方は、変更をお願い致します。

とかち支部 支部長 月例メッセージ タカハラ セッズ TAKAHARA SAYS

とかち支部 支部長 月例メッセージ タカハラ セッズ TAKAHARA SAYS

「需要の変化への対応」と「働く環境づくり」で自社を強靱な組織に変えていこう!

1.2020年度第1回常任理事会より

 8月5日(水)、第1回常任理事会がZOOMによって開催。この中で、新型コロナウイルスによって会員企業がどれほど影響を受けているのか、第3回緊急アンケート(7/10~27)の集計結果が示されました。「経営へのマイナスの影響が出ているか?」という質問では、「出ている」が61%。第1回の調査(2/25~3/3)では43%でしたから、マイナス影響が広がっていることがわかります。また、6月売上の同月前年比では、57%の企業が「減少」と答え、全体の13%が「50~70%減」となっています。コロナで大打撃を受けている企業が増え、それが他業種に広がりつつあることが数字の上からもわかります。
 こうした中、オンラインでの例会、セミナー、会議が増えているのは皆さんご存知の通りです。北海道中小企業家同友会のWEBサイトを開いてみると、トップ画面の下半分に「お知らせ」があります。コロナ関連の情報と並んで、各支部の例会案内が掲載されていることに気づきました。今月28日のとかち支部例会も載っています。もちろん、会場で直接講演を聴いたり、グループ討議できるほうがよいわけですが、他支部の例会等にオンラインで参加することも、withコロナの中で取り入れるべき学び方といえるかもしれません。
 今期の各支部会員数を見ると、増えているのはとかち支部と苫小牧支部のみ。7支部が会員数を減らしており、全体ではマイナス59となっています。会議の中では、とかち支部組織企画委員会によるヒアリング調査が注目を集めていました。退会理由を調査するのではなく「同友会を続ける理由」をヒアリング。詳細は北村委員長から報告があると思いますが、こうした逆転の発想が支部運営にも、自社の経営にも必要だと感じています。

2.消費行動の変化に対応できているか

 感染対策と経済活動。とりわけ、自社の経営環境がこれからどのように変化していくのか、業種・業態によって差はあっても、企業経営者として気がかりなところでしょう。
 同友会活動のやり方も大きく変わりましたが、それ以上に消費者のニーズが明らかに変化しています。一番わかりやすいのは「巣ごもり消費」。一例として、ネット通販や動画配信サービスが伸びています。今売上を伸ばしているのは、IT、EC関連の企業といってよさそうです。単純に消費が縮んでいるというよりも、需要がシフトしていき、もしかすると元には戻らない。そう考えるべきかもしれません。非接触、あるいはオンラインへのシフトを自社のビジネスに取り入れていく必要がありますし、対面型を重視するのであれば、いかに消費者に安心感を与えるのか、ビジネスのやり方を変えていかねばなりません。
 コロナ危機の中にあっても、売上・利益を確保している企業が少なからずあります。そうした企業の取り組み事例から学ぶことが、今こそ必要なのではないかと考えています。同友会の例会や勉強会に参加すると、そこには自社の業態変革につながるヒントが隠されています。例会や勉強会への積極的な参加。さらには一緒に学ぶ仲間を増やしていくため、未会員の紹介をお願いします。

3.コロナ禍の中での「働く環境づくり」

 コロナ禍によって、ほとんどの人が大なり小なりストレスを抱えています。自社で働く社員も、悩みや不安を抱えながら日々働いていることに経営者として気づかねばなりません。自社の資金繰り、当面の売上・利益の確保、需要の変化への対応……。考えることが山ほどあり、社内でのコミュニケーションが希薄になったり、労働環境改善が後回しになったりしているかもしれません。
 中小企業家同友会全国協議会(中同協)は1975年に「中小企業における労使関係の見解」(労使見解)を発表。「経営姿勢の確立」「経営指針の成文化と全社的実践」「対等な労使関係と共育の重視」「外部経営環境改善に労使が協力する」などが掲げられ、45年にわたって同友会の基本思想となっています。政府が「働き方改革」を推進する40年も前から、同友会は働き方改革を目指す会だったのです。
 「組織は内部から崩壊する」と言われています。新型コロナウイルスという外敵にばかり目を向けているうちに、自社の社風が変容していったり、社員のモチベーションが低下していったのでは元も子もありません。今こそ、労使見解の精神に立ち戻り、社員の自主性が発揮されるような組織に変えていくことが求められます。
 2019年3月に発行された「働く環境づくりの手引き」は、労働環境改善を進めていく上で有効なガイドブックです。「経営指針成文化と実践の手引き」の副読本と位置づけられていますが、単独で活用することも可能。A4判40ページ。簡潔に説明されていますし、中同協のWEBサイトからフォーマットとフルバージョンがダウンロードできるようになっています。ぜひ、ご活用ください。
 とかち支部の活動だけに留まらず、全道、全国の学びの場や豊富な教材、ガイドブックを活用できることも、同友会会員のメリットのひとつといえるのではないでしょうか。

2020.09.24 お知らせ 会外からのお知らせ
【ご案内】GoToTravelとGoToEatキャンペーンへの飲食店事業者の登録
2020.09.24 参加者募集 共育委員会
第49期中堅幹部学校受講生募集 開催日時: 20201029 13:00~17:30
【第1講】10月29日(木)
テーマ:中堅幹部として望むこと
講 師:ソーゴー印刷株式会社 代表取締役社長 高原 淳 氏
【第2講】10月29日(木)
テーマ:経営実践報告①「経営指針で作る会社と自分の未来」
講 師:株式会社共同電設 代表取締役 原田 健太 氏
【第3講】11月5日(木)
テーマ:企業見学~同友会会員企業から学ぶ
講 師:有限会社大坂林業 代表取締役 松村 幹了 氏
【第4講】11/12(木)
テーマ:経営実践報告② 「人材育成」
講 師:株式会社アイ建築工房 代表取締役 太田 好啓 氏
【第5講】11/12(木)
テーマ:とかちの歴史~十勝の歴史から自社の未来を考える
講 師:帯広市百年記念館 学芸員 大和田 努 氏
【第6講】11/19(木)
テーマ:財務初級講座
講 師:税理士法人共明会計 所長 野田 和宏 氏
【第7講】11/19(木)
テーマ:経営実践報告③ 「問題解決」
講 師:ホンダカーズ帯広中央 代表取締役社長 石原 直樹 氏
【第8講】11/26(木)
テーマ:中堅幹部学校修了生からのエール(仮)
話題提供:株式会社平和園  瘧師 里美 氏
【第9講】11/26(木)
テーマ:傾聴力 ワークショップ
講 師:楽しいオフィス 代表 沖田 泰範 氏
【第10講】12/3(木)
テーマ:中堅幹部学校で学んで、今自分ができること
講 師:楽しいオフィス 代表 沖田 泰範 氏
2020.09.18 お知らせ 会外からのお知らせ
【ご案内】シニア人材雇用セミナー
2020.09.17 お知らせ 会外からのお知らせ
【ご案内】ハイブリッド研修会


駐車場のご利用について

赤塗りの箇所が同友会とかち支部の駐車場となっております。

※赤塗りの箇所以外の駐車はご遠慮ください。