イベントを読み込み中

« すべてのイベント

幹事会

第35回全道経営者“共育”研究集会 in とかち

10月19日 12:00 PM10月20日 11:30 AM
参加費:15,000円

イベント ナビゲーション

◆主催 一般社団法人 北海道中小企業家同友会
◆設営 一般社団法人 北海道中小企業家同友会とかち支部 実行委員長 林秀康
◆日時 2018年10月19日(金)12時 受付開始(帯広駅)~20日(土)11時30分 閉会
◆会場 ホテル日航ノースランド、とかちプラザ、市民文化ホール、移動分科会
◆設営担当支部としての意義
とかち道研の翌年に北海道同友会は創立50周年を迎える。30年余にわたって成果を積み上げてきた道研の集大成として意義付け、創立50周年事業を成功させるための契機になる道研にしたい。地方支部で開催した道研では過去最高の800名の参加者を目指し、とかちの経営者に脈々と流れる郷土愛や挑戦心を分科会や記念講演に表現する。
◆スケジュール
<一日目> 12時 受付 JR帯広駅広場
13時~17時30分 分科会(とかちプラザ 他+移動分科会)
18時30分~20時30分 懇親会(ホテル日航ノースランド)
<二日目>  9時30分~11時 記念講演(市民文化ホール)
11時~11時30分 全体会議(市民文化ホール)

◆小旅行    検討中
◆スローガン 「十勝からの挑戦」~北海道新モンロー主義(循環型経済)を目指して~
◆参加費 15,000円
◆予算 1,000万円
◆記念講演 オカモトグループ CEO 岡本 謙一 氏(同友会とかち支部会員)
◆分科会 座学(10分科会=全道委員会4、他支部2、とかち4)、移動(10分科会)
◆宿泊 ホテル日航ノースランドを中心とした帯広駅周辺のホテル。
◆参加数 800名(とかち支部400・他支部400)
◆来賓  帯広市長、十勝振興局長、商工会議所会頭の3名
◆沿革
1979年に「第1回全道青年経営者“共育”一泊交流会」として旭川で開催。以来、各地持ち回りで回を重ねる。第7回(1985年)から「青年」の2文字を外し、年代を問わず幅広い経営者が共に学びあう交流会に改め、1986年の第8回から名称を「全道経営者“共育”研究集会」に改称。「交流会」から「研究集会」へと発展させた。略称は「道研」。テーマ別分科会、記念講演、懇親パーティなどが1日又は2日間にわたって行われる。とかち支部では過去4回開催した。
◆「道研」の役割
①全道の経営体験を持ち寄って、会員の学びと交流を深め合う北海道同友会最大規模の集会。
②各支部持ち回りで開催することにより、設営担当支部が同友会運動の意義と目的を再確認し、共に学びあう仲間を増やしながら、支部の新たな発展の機会とする。
③分科会報告などを通じて、同友会の新しい担い手やリーダーの育成が進む。
④記念講演(基調講演)と分科会報告は、広報誌『北海道同友』に収録し、全会員に配布される。優れた経営体験と同友会運動の到達点が整理・集積されていく。

第35回全道経営者“共育”研究集会 in とかち

詳細

開始:
10月19日 12:00 PM
終了:
10月20日 11:30 AM
参加費:
15,000円
イベントカテゴリー:

会場

ホテル日航ノースランド、とかちプラザ、市民文化ホール、移動分科会

080-0012
北海道 帯広市 西2条南13丁目1番地
+ Google マップ
電話番号:
0155-24-1234
Web サイト:
https://www.jrhotels.co.jp/obihiro/