新型コロナウイルスによる経済停滞防止キャンペーン 新型コロナウイルス感染症 経営支援情報等を発信しています。

・【新型コロナウイルス関連】経営への影響アンケート 調査結果
・新型コロナウイルスに関する緊急要望・提言

お知らせ

【働き方改革推進支援助成金】「新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース」のご案内

《新型コロナウイルス感染症対策のための テレワークコース の概要》

【対象事業主】
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規(※)で導入する中小企業事業主(※試行的に導入している事業主も対象となります)

【助成対象の取組】
・テレワーク用通信機器(※)の導入・運用
・就業規則・労使協定等の作成・変更 等
※シンクライアント端末(パソコン等)の購入費用は対象となりますが、シンクライアント以外のパソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象となりません。ただし、レンタルやリースについては、5月31日までに利用し、支払った経費については対象となります。

【主な要件】
事業実施期間中に
・助成対象の取組を行うこと
・テレワークを実施した労働者が1人以上いること

【助成の対象となる事業の実施期間】
令和2年2月17日~5月31日
※計画の事後提出を可能にし、2月17日以降の取組で交付決定より前のものも助成対象とします。

【支給額】
補助率:1/2
1企業当たりの上限額:100万円

【お問合せ先】テレワーク相談センター ※平日9:00~17:00
https://www.tw-sodan.jp/
電話:0120-91-6479
上記のフリーダイヤルがつながらない場合には、以下の番号でも受け付けます。(5月31日まで)
電話:03-5577-4724、03-5577-4734
ただし、通信料は発信者負担になりますので、ご留意いただきますようお願いいたします。
メール:sodan@japan-telework.or.jp

PDFはこちら

【働き方改革推進支援助成金】「新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース」のご案内