新型コロナウイルスによる経済停滞防止キャンペーン 新型コロナウイルス感染症 経営支援情報等を発信しています。

・【新型コロナウイルス関連】経営への影響アンケート 調査結果
・新型コロナウイルスに関する緊急要望・提言

行事報告

経営指針委員会

経営指針研究会第11講「財務講座」(2022年12月8日(木)開催)

 12月8日(木)に経営指針研究会の第11講として財務講座を開催しました。講師には株式会社エントライズ・マネジメント 代表取締役 野村幸司氏をお招きし、講義をして頂きました。研究生の参加が9名、委員・サポーターの参加が9名で講義が行われました。
 今回は財務講座ということですが、経営者としての最大の仕事は「経営指針を決めること。決めるためには判断基準が必要であり、そのために財務の数値を理解するスキルを身につけてほしい」との熱い思いから講義が始まりました。
 基本的な各数値のご説明を頂いてから、数値の作り方として、どれだけの利益が各人の経営には必要なのかで考え、まずは最低限必要な利益はいくらか?を理解していくことが重要であるとしました。
 今後の課題である中期経営計画や単年度経営計画の目標の立て方として、目標は「大きく、具体的に」作成し、計画は細分化して考え、更に計画には予算を貼り付ける事の重要性をご説明頂きました。

経営指針委員会 委員 関口孝典

講師の(株)エントライズ・マネジメント 野村社長
冒頭で24時間以内にあった「良かったこと」や「新しい発見」を話しあいました。

次回の課題説明は中野副委員長が担当
経営指針研究会第11講「財務講座」(2022年12月8日(木)開催)