ホーム > 同友会について > ご存知ですか!同友会

同友会について

ご存知ですか!同友会

  • よい会社をつくりましょう
  • よい経営者になりましょう
  • よい経営環境をつくりましょう

激動を良き友とする同友会

21世紀の現在、私たちの身の回りでは数々の変化が起こっています。政治・経済・社会・環境、私たちを取り巻くあらゆる分野での変化は、中小企業の存在の大きさを浮き彫りにしています。

全国津々浦々、人々の生活があるところに必ず中小企業があり、地域の経済活動の大きな役割を担っております。またこれまでに幾度もの経済変動や社会の変化に見舞われながらも、私たち中小企業家はそのつど自助努力で体質を鍛え、粘り強く企業と地域社会の発展を支えてきました。同友会で使われる「激動を良き友とする経営者になろう」という合言葉は、深く情勢の変化を見通す力を養うことに努め、互いの悩みを我事として知恵を出し合い、励まし合ってきた過去の歩みの中から生まれてきたものです。

21世紀に生きる企業・経営者をめざして、経営者自らの資質を高め、本当にあてになる人材を育てることを通じて自らの力で活路を拓いていこうとする中小企業者の団体、それが中小企業家同友会です。

知り合い、学び合い、援け合い

同友会では、21世紀を生きる企業づくりの課題を次のように考えています。

  1. 自社の存在意義を改めて問いなおすと共に、社会的使命感に燃えて事業活動を行い、国民と地域社会からの信頼と期待に高い水準で応えられる企業。
  2. 社員創意や自主性が十分に発揮できる社風と理念が確立され、労使が共に育ち合い、高まり合いの意欲に燃え、活力に満ちた豊かな人間集団としての企業。

ごく当たり前であり、心ある経営者であれば誰もが望んでいる企業像です。しかし、これを実際の企業活動に具現化する事はそう簡単なことではありません。同友会ではそれを経営者が日々考え挑戦している実践体験から謙虚に学び合い、情勢の大局的な流れを学び、討論・意見交換を通じて普遍的な教訓・本質を探り出すことによって、具現化への道を拓いていこうと考えています。

同じ課題を抱いた経営者同士、「知り合い、学び合い、援け合い」の精神で活動をすすめているのが中小企業家同友会です。